TOP > 中絶の若年化が起こっている問題

女性は生理が始まると、今度は妊娠できる可能性があるという大人の女性の身体になることを意味します。通常小学校高学年から中学校1年生くらいまでに生理が始まることが多いです。学校での性教育も小学校5年生くらいで行われますね。

そのために生理に関する知識や赤ちゃんができる仕組みというのは、何となくわかってくるでしょう。

東京の中絶について考えます。

しかし、最近問題になってきているのは、早ければ小学校6年生くらいで性行為を初体験する、そして中学校に入ってから性行為を体験するということが増えてきたことです。

思春期に入り、性への興味や異性への興味が出てくる頃ですね。

また周りがそのようなことを経験したといったら、自分も経験してみたいと思う子どもも多いでしょう。
しかし、性行為をすると性病になる可能性がある、また妊娠をするリスクが伴うということまではあまり知識がないのです。



その結果、望まぬ妊娠をして、中絶を選択せざるおえないという結果を招いてしまうこともあるのです。
その中絶する件数は若年化し、増加傾向にあります。また中絶をすると女性の身体に大きな傷を残します。



特に成長過程にある子供には身体的にも精神的にも大きな負担となるでしょう。


中絶をすると、将来的に不妊という障害を残す可能性だってあるのです。そのために決して性行為だけに興味を持つのではなく、その後に訪れる可能性のある、性病や妊娠などもリスクにおいても理解をしておく必要があるのです。