TOP > 中絶は専門医に相談して

もし望まない妊娠をしてしまった場合、中絶という選択をする事になるかと思います。
その場合の処置は日本では手術による処置がとられます。

海外では薬による堕胎という方法もとられますが日本では認可されていない為処方はされません。

個人輸入で入手するという事も可能ですが、時には命にかかわる激しい副作用のリスクがありますので素人判断での使用は絶対にやめましょう。

東京の中絶の情報をまとめた情報サイトです。

中絶手術はそのクリニックなどによって方法が若干違ってきます。一番大きな差は通常の手法なのか、無痛を目指す手法なのかです。



通常の手法ですと手術前日から処置が始まり、術前から術後まで相応の痛みが伴います。

精神的にも苦痛がある中では肉体的にも精神的にも負担が大きいのです。
その負担を少しでも軽減しようというのが無痛中絶手術で、前処置を行わない事で日帰りでの手術を可能としていて、麻酔の専門家をスタッフに配置する事で麻酔や痛み止めを完全にコントロールして術前から術後まで患者さんに痛みを感じさせない事を目指します。


ですが、クリニックにより無痛の定義が違うなどの差がある為、ちゃんとした無痛手術を望むのであればしっかりと情報収集する事が必要となります。望まない妊娠をしてしまった場合精神的負担も大きいものですが、一人で悩み一人で何とかしようとは決して考えずに専門医に早めに相談しましょう。
相談する事で先の展望も開けますし、精神的な負担も少しは軽減されるはずです。